セミナー・交流会

★読まれる・集客につながるブログの書き方(無料添削つき) 女性の起業*耳よりサロンVol.13

ジャンル:

  • 起業・独立
  • Web戦略
  • 販促・販路拡大
  • 自己啓発
  • コミュニケーション

参加者メッセージ

申込受付は終了しました。

石渡 ひとみ(いしわたり ひとみ)  エッセイ指導講師、東京農大短期大学部非常勤講師

神奈川県茅ケ崎市・横浜市に育つ。
1977年慶應義塾大学文学部卒業後、銀座和光に入社。1年半で退社後、日本語教師養成講座を修了。8年間にわたり、外国人のための日本語教師を務めた。
20代からエッセイスト木村治美に師事し、エッセイを書き続ける。
1995年から(有)木村治美エッセイストグループに所属し、NHK学園通信講座専任講師のほか、よみうり文化センターや産経学園などでエッセイ指導講師・添削講師を務めながら、エッセイコンテストの審査や小説の添削指導まで手掛けている。
2010年からは、大学の「文章表現」の講義を担当。作文の基礎から就職活動や社会生活において必要な文章の書き方に至るまで指導する。
2005年、『歌おうか、モト君。~自閉症児とともに歩む子育てエッセイ~』を文芸社より出版。著者として講演をする機会もあるが、みずからが泣きながら話をするほど涙腺がゆるいのが弱点。夢は2冊目を出版すること。
小学校の後輩である桑田佳祐の歌を愛する、2男1女の母。

開催日 2012年1月21日(土)
開催時間 14:00  ~ 16:30
サロンの概要 【前半】
「ブログでお客様を取り込みたいけれど、何を書いたらいいの」
「どうしたらうまく書けるようになるの」
そんな声を耳にします。ブログもエッセイも同じこと。読み手に親切なわかりやすい文章であることが大事です。独りよがりでは読んでもらえません。
あなたの文章を磨いて、ブログのレベルアップを図りましょう。昔から「文は人なり」と言われるように、文章は書き手自身を映し出すもの。文章力をつけて、セルフブランディングを上手に表現してみましょう。そこから集客につながる道が開けます。
30年ちかくエッセイを書き続けることで身につけた文章のノウハウを、惜しげなく公開します。

【後半】
起業に関する質問タイムや受講者同士の交流タイムとします。
起業に関する素朴な疑問や不安に思っていることなど、ざっくばらんにお話できる時間です。
セミナーカリキュラム 1.ブログから何を発信したい? 何を得たい?
2.日記とブログとエッセイの違い
3.テーマの絞り方
4.ネタに困ったときは
5.上手な文章を書くための5つのマル秘テクニック
6.書き直しの実例に学ぶ
受講メリット ・起業へのモチベーションの向上が図れる
・起業を目指す仲間づくりができる
・起業に向けての視野を広げることができる
・自分の気持ちと向き合うことができる
開催日時 平成24年1月21日(土)14:00~16:30
開催場所 武蔵小山創業支援センター5階 会議室
対象 ・起業に興味があるけど、どんなことで起業できるかわからない女性
・やってみたいことは決まっているけど、それが起業になるのかわからない女性
費用 1,000円(資料代 税込み)
受講当日、会場にてお支払いください
主催 武蔵小山創業支援センター
お問い合わせ先 武蔵小山創業支援センター
〒142-0062 東京都品川区小山3-27-5(武蔵小山駅前)
TEL・FAX 03-5749-4540
E-mail info@musashikoyama-sc.jp
申し込み方法 お申し込みフォームにてお申し込みください。
お申込み受付後、受講票を発行(メール)いたします。
※お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
定員 20名(定員になり次第締め切らせていただきます)
注意 販売(セールス)を目的とした方の参加は固くお断りいたします。
申込期限 2012年1月21日(土)

申込受付は終了しました。

  • コワーキングスペース
  • イベント情報
  • アーカイブス
  • お茶の間サロン
  • メールマガジン
  • ブログ
品川区 品川区中小企業支援サイト SHIP 品川産業支援交流施設 西大井創業支援センター 大崎ブライトコアホール SHINAGAWAism