VOL.15

今年10月、武蔵小山にヨガスタジオを本格オープン。

武蔵小山ヨガスタジオASTI(アスティ) オーナー 大嶋絵里さん
これまではレンタルスペースでヨガ教室を主催したり、他のスタジオが開催するヨガ教室のインストラクターとして活動されたりしていた大嶋さん。このたび武蔵小山にご自身のヨガスタジオを構えられました。今回は床の無垢の木の良い香りがまだする新しいスタジオにお伺いしてきました。

[ 企業プロフィール ]
  ・屋号:Vers la beaute(ヴェール・ラ・ボーテ))
  ・事業名:武蔵小山ヨガスタジオASTI(アスティ)
  ・事業開始:2012年6月  ヨガスタジオオープン:2015年10月
  ・URL:http://www.yoga-asti.com/
  ・事業内容:ヨガスタジオ

「アナトミック骨盤ヨガ」をメソッドとした“体に効く”ヨガスタジオを運営しています。

事業としてはヨガスタジオを運営しています。事業をスタートさせてこの3年ほどはレンタルスペースなどを借りてヨガ教室を主催したり、他のスタジオの講師としてレッスンしたりしていましたが、この10月にこの武蔵小山に自分のスタジオをオープンさせました。
ヨガスタジオとして健康な人はもちろん、身体に不調があって悩んでいる人にコンディションを整えていただくためのヨガもやっています。たとえば肩こりや腰痛、冷えなどで悩んでいる方にヨガをすることで体調を整え健康になっていただけたらと思います。また「アナトミック骨盤ヨガ」®といった股関節周りの筋肉に特化した体幹メソッドもあります。骨盤周りにはいろいろな筋肉が取り巻いているのでそこを動かすことで全身運動になりますし、自律神経に働きかけて体調を整えたりします。“ちょっとキツイけど効くね”という声をお客様からよく頂きます。この「アナトミック骨盤ヨガ」®のメソッドがあるのは、武蔵小山界隈では当スタジオだけです。

会社員時代に時差調整や体調管理のためにヨガをしていました。

もともとは14年ほどCA(キャビンアテンダント)をしていましたが、だんだんシフト通りに体調を整えるのがつらくなっていました。きついシフトが続くと体調を崩すことも多く、そのまま続けていくのは難しいかなと思いました。また企業に属するのはもう十分かなと思って退社したのですが、その時は特に起業しようと思っていたわけではありませんでした。会社を辞めて時間ができ、どうしようかなと考えた時、CA時代から時差調整や体調管理のためにヨガをやっていてとても調子が良かったので、もう少し勉強しようと思いヨガのインストラクター養成講座で学びました。そしてインストラクターの資格を取り、起業しました。先ほどお話ししたように最初はレンタルスペースでヨガ教室を開催したり、他のスタジオの講師をしたりしていました。その後「アナトミック骨盤ヨガ」のインストラクター認定も取得し、このメソッドをもっと広めたい、知ってもらいたいという思いもあったのでこの10月に念願だった自分のスタジオをオープンさせました。

起業してからは全部ひとりでやらなければならないので、パワーバランスを考えながらやっています。

起業して大変だなと思うのは、やはり全部自分でやらなければならないことですね。運営もそうですし、集客や、レッスンする講師も自分ですから、一人で全部こなすにはその辺のパワーバランスなども考えなければなりません。教室のスケジュールやカリキュラム等どの時間に、どんな生徒さんが来やすいかなどを考えながら組み立てています。本来ならこの「アナトミック骨盤ヨガ」が一番の看板カリキュラムですが、まだ認知が低いのでこれ1本にはせず、一般的なヨガのカリキュラムを入れたりして試行錯誤しながらやっています。

起業して良かったと思うのは、スタジオを持ったことで私に対する周囲の人の見方が変わったと思うことです。雇われたインストラクターではなく、きちんとスタジオを構えたオーナーインストラクターとして信頼してもらえるようになった気がします。

起業したことで人間力が試されている気がします。

また起業したことで人間力を試されている気がします。会社の肩書がはずれたことで自分は何者でもなくなりました。会社に勤めていた頃は営業の人が集客してくれたお客様をもてなす、サービスを提供するという仕事の一部分を請け負っていたわけですが、今は独立起業して全部自分でやらなければならなくなった時に、肩書きも何もないわけですから私が何者なのかを示していかなければなりません。私自身の人間力が必要になってくると思いました。

  

将来的には託児スペースのあるヨガスタジオに。

今は少人数制のレッスンスタジオですが、軌道にのったらもう少し大きなスペースの所にして託児付きのスタジオにしたいですね。今も小さなお子様(~1歳半位まで)のいる方のための子連れクラスはあるのですが、子供がもう少し大きくなるとできませんし、またこの時間は自分に集中したいというママもいらっしゃいます。そんな方のために一緒に連れてきていらっしゃって、託児ルームでお預かりしてママはヨガに集中していただくというサービスができたらと思います。あとはこのスペースの空き時間を利用して近隣の事業の方々とコラボした企画をやっていきたいと思っています。

~あとに続く後輩に応援メッセ―ジをお願いします。~

やりたいビジネスにもよりますが、可能ならば会社を辞める前に週末起業などで始めて、割合をだんだんシフトしていくようなやり方で進めていくのがよいのではないかと思います。どうしてもこのビジネスが世の中に必要だと思うものがあればすぐに始めてもいいと思うのですが、割りと女性はふんわりぼんやりした状態で始めてしまう人も多くて、こんなはずじゃなかったと後悔しても戻れないですから。本当にやりたいことか、やれるのか確かめながら始めるのもひとつの方法だと思います。

  

インタビューを終えて

大嶋さんの『スタジオASTI』は、内装リフォームの時に無垢のバーチ材を床板に使用したとのこと。ヨガは素足ですることが多いから、足にとっても優しくて気持ちがいいだろうなと思いました。「アナトミック骨盤ヨガ」は解剖学をベースに考えられたメソッドで、スタジオにはなんとガイコツの模型!が置いてありました。ちょっとびっくりしましたがきちんと解剖学を勉強されたヨガメソッドならではだと思います。場所は都内でも有数の人気天然温泉“清水湯”の隣です。大嶋さんのヨガスタジオで気持ちいい汗をかいた後は、隣りの清水湯で汗を流す、これって健康へのゴールデンコースですね。
(インタビュアー:滝)

 

動画コメントはこちら

 

前のインタビュー 次のインタビュー 

起業家インタビュートップへ戻る

  • イベント情報
  • アーカイブス
  • コワーキングスペース
  • お茶の間サロン
  • メールマガジン
  • 複業セミナー
  • 女子活!! 企業ランチセミナー
  • 女性の起業*耳よりサロン
  • ブログ
  • Facebook
  • Twitter
  • Line公式アカウント
品川区 品川区中小企業支援サイト SHIP 品川産業支援交流施設 大崎ブライトコアホール